会長挨拶

 第51回日本慢性疼痛学会を2022年2月25日,26日に開催いたします.本大会を開催させていただくにあたりご挨拶を申し上げます.現在の新型コロナウイルス感染拡大により多くの学会がweb開催となりました.このような状況を鑑みまして,第51回日本慢性疼痛学会は,ハイブリッド開催にすることにいたしました.しかしながら,1年後も予想できない状況ですので,webのみの開催にせざるを得ないかもしれません.今後学会の開催方法も変化してくると思いますが,皆様と対面で討論できる現地開催のよさも残したいと考えています.

 第51回日本慢性疼痛学会では,テーマを「慢性疼痛を理解する~身心一如~心と身体の関わり」としました.身心一如とは,肉体と精神は一体のもので、分けることができず、一つのものの両面であるという意味です.慢性疼痛を理解する上には重要な考えですし,患者の痛みを身体面および精神面の両方から多職種で診療・研究するこの学会の趣旨にも適したものと思います.本大会では,一般演題はオンデマンド配信としますが,特別講演,シンポジウム,ワークショップ,教育講演などは現地開催にさせていただきます.現地開催の講演もオンデマンドで配信する予定です.

 会場でもwebでも皆さんに満足していただけるような大会にしたいと考えております.

第51回日本慢性疼痛学会
会長 平川 奈緒美
佐賀大学医学部附属病院
ペインクリニック・緩和ケア科